ニュース

山陽新幹線の三原駅〜広島駅間トンネル内で、携帯電話エリア拡大

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社は、山陽新幹線トンネル内における携帯電話エリア整備を西日本旅客鉄道と共同で進め、三原駅〜広島駅間のトンネル内でも利用できるようになる。12月20日の始発列車からサービスを開始する予定。

 今回携帯電話の利用が可能になったエリアは、三原駅〜広島駅間の頼兼トンネル、宮組トンネル、姫草トンネル、加登トンネル、吉行山トンネル、古高山トンネル、第1高山トンネル、第2高山トンネル、本郷トンネル、新庄トンネル、第1田万里トンネル、第2田万里トンネル、堀坂トンネル、竹原トンネル、岩幕山防音工、安芸トンネル、府中トンネルの、16トンネルと1防音工。

 これにより、新大阪駅〜広島駅の区間においてトンネル内での携帯電話利用が可能になった。携帯電話各社は、今後の見通しとして、同路線の広島駅〜新岩国駅間のトンネルは2013年度内にエリア整備を完了する予定としている。

(川崎 絵美)