ニュース

ドコモ、地域別に3種類の定額料を用意した「海外1dayパケ」

 NTTドコモは、海外でのパケット通信を1日単位の定額で利用できるサービス「海外1dayパケ」を12月2日より提供する。ドコモショップやMy docomoなどから申し込める。対象機種はドコモのAndroid 2.3以降のスマートフォンと、ドコモタブレット。

 今回提供が開始される「海外1dayパケ」は、1日24時間の利用について、渡航先の国・地域に設定された、980円、1280円、1580円の3種類の定額料でパケット通信を利用できるサービス。定額料は国・地域ごとに決まっており、例えば韓国は980円、中国、イギリス、スペインが1280円、アメリカ、ニュージーランドが1580円などとなっている。対象となるのは世界94の国と地域。

パケット定額料 主な対象国・地域(世界94の国・地域に対応)
980円 韓国、台湾、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、グアム、サイパン
1280円 中国、オーストラリア、イギリス、イタリア・バチカン、オーストリア、オランダ、スペイン、ドイツ、フランス、カナダ、など
1580円 アメリカ(本土)・ハワイ、インド、フィリピン、ニュージーランド、スイス、トルコ、ロシア、ブラジル、アラブ首長国連邦、エジプト、など

 利用にあたっては、Androidスマートフォン向けのアプリを予めインストールしておく。対象となるユーザーは、「Xi」「FOMA」の総合プランと「WORLD WING」、spモードまたはiモードなどを契約している必要がある。

 渡航先にて、アプリもしくは専用ダイヤルへの発信で利用開始操作を行うと、操作後から24時間のパケット通信が定額で利用できるようになる。アプリの画面では、現在地が「海外1dayパケ」の対象の国・地域かどうかも確認できる。同サービスの対象国の場合、操作開始から24時間が経過すると、自動的にパケット通信が停止され、使いすぎの心配がないとしている。

24時間以内に30MBを超えると通信速度を制限

 利用開始から24時間以内にパケット通信量が30MBを超えると、以後の通信速度は送受信ともに最大16kbpsに制限される。30MB超過後、再度の利用開始操作を行うと、制限前の通信速度で利用できるが、利用開始操作のタイミング定額料が改めて発生し、24時間のカウントが始まることになる。自動停止や速度制限の際にはSMSで通知される。

 このほか、利用開始の操作後、24時間以内に「海外1dayパケ」の料金が異なる国・地域に移動した場合は、もっとも高い定額料が適用される。

Amazonギフト券が抽選で当たる利用キャンペーン

 ドコモでは、「海外1dayパケ」の開始を記念したキャンペーンを実施する。2013年12月2日〜2014年1月31日、2014年2月1日〜3月31日の期間、キャンペーンサイトから応募した上で「海外1dayパケ」を利用すると、抽選で合計400名にAmazonギフト券5000円分がプレゼントされる。

 ドコモは「海外パケ・ホーダイ」をすでに提供しているが、データ通信端末などを利用するユーザーは「海外パケ・ホーダイ」を引き続き利用でき、ユーザーの利用形態に合わせて選べるとしている。

 なおドコモでは、上記とは別に「LTE国際ローミングサービス」を2013年度中に提供できるよう準備中で、対象の国・地域、通信事業者などは、準備が整い次第案内するとしている。

(太田 亮三)