ニュース

モルフォ、余ったスマホを活用できる監視カメラアプリ

 モルフォは、スマートフォンのカメラを活用した遠隔見守りサービス「Rusuban Cam」の提供を開始した。当初はiPhone用のアプリ(iOS 5.1以上)が提供され、12月中にもAndroid版の提供が開始される予定。

 Rusuban Camは、新機種に機種変更するなどして余ったスマートフォンを監視カメラとして利用できるサービス。定期的に撮影するモードと、被写体の動きを検知した際に自動的に記録するモードが用意され、自宅に設置することでペットや子供、お年寄りの様子を確認するなどできる。撮影された画像はモルフォのサーバー上に蓄積されていき、必要に応じてスマートフォンからアプリを利用して参照できる。

 カメラ側の端末と閲覧側の端末は、QRコードで認証する。監視カメラ専用機器で必要となるネットワーク設定等は不要。無線LAN環境下であれば、すぐに使い始められる。

 料金については、2014年2月までは無料で、その後有料化(月額数百円程度)される見込み。有料化後も3日間は無料で利用できるようにするという。

(湯野 康隆)