ニュース

ソフトバンク、LTE国際ローミングのエリア拡大

 ソフトバンクモバイルは、11月29日より「LTE国際ローミング」をスイス、フィリピン、香港でも利用できるようにした。

 LTE国際ローミングは、対応機種を持つユーザーが海外においてLTEによるデータ通信が行えるようにするサービス。パケット通信料は「海外パケットし放題」の対象となる。

 LTE国際ローミングは、SK Telecomのネットワークを使用した韓国向けのサービスが9月13日より提供されていたが、今回、これにスイス(Swisscom)、フィリピン(Global Telecom)、香港(CSL)が加わった。

 対応機種については、現時点ではiPhone 5/5c/5s、iPad Retina/Air/mini/mini Retinaとなっているが、12月6日発売予定のAQUOS PHONE Xx 302SH、ARROWS A 301F、2014年2月下旬発売予定のAQUOS PHONE Xx mini 303SHでもサポートされる。ただし、301Fについては、2014年2月に計画されているソフトウェアアップデートにより対応する予定。

(湯野 康隆)