ニュース

ドコモ、「歩きスマホ防止」アラート機能を提供

 NTTドコモは、“歩きスマホ”による事故防止とマナー向上を啓蒙する取り組みとして、現在提供している「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」を追加した最新版を12月5日に提供する。対応環境はAndroid 4.1以降のドコモのスマートフォン(一部機種を除く)で、iPhoneには非対応。利用料は無料。

「歩きスマホ防止機能」の警告画面

 「歩きスマホ防止機能」は、スマートフォンの画面を見ながら歩くと、歩行中であることを検知し「危険です、歩きスマホ」という警告画面が表示される機能。警告画面が表示されている間は、スマートフォンを操作できない。

 警告画面表示中に、電源ボタン長押しで5秒間、警告画面の「閉じる」ボタンタップで10秒間は操作ができる。また歩行停止を検知すれば警告画面は解除となる。なお、歩行検知の感度は3段階で調節可能。

 同社では、社会問題になりつつある“歩きスマホ”を防止する取り組みとして、ホームページでの呼びかけや、駅や新聞、ラジオなどで各種広告の掲載、全国の学校、シニア団体向けに「ケータイ安全教室」を開くなどして、注意喚起を行っている。今回の「歩きスマホ防止機能」も防止策のひとつとして提供するとのこと。

(川崎 絵美)