ニュース

iPhone効果でドコモ復調へ、11月の契約数

 電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話事業者各社は、2013年11月の携帯電話・PHS契約数を発表した。携帯各社の契約数を見ると、ソフトバンクモバイルが23万7100件、KDDIは19万200件、ドコモが9万3400件で、各社いずれも純増を記録した。

 ドコモは9月に過去最大の純減を記録したものの、iPhone発売以降、10月、そして今回と続けて純増となった。

【3社の純増数】

事業者 11月 10月 9月 8月 7月 6月
NTTドコモ 93,400 37,100 -66,800 43,000 172,500 -5,900
KDDI 190,200 158,900 232,700 209,200 225,200 232,200
ソフトバンクモバイル 237,100 230,600 272,400 250,700 254,500 248,100

 MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の利用件数は、auが5万6800件、ソフトバンクモバイルが1万2300件のプラス(転入超過)になり、ドコモが6万8600件のマイナス(転出超過)を記録した。KDDIは26カ月連続でのMNPシェア1位を記録した。

 ドコモは以前として転出が多いままではあるが、その状況は徐々に改善しており、10月に続いて10万件を切る形となったほか、前年同時期と比べて約1/3の規模にまで転出超過数は縮小した。この状況について、ドコモでは新しいiPhoneの在庫状況の改善、冬モデルの発売、実施中のキャンペーンによるものと説明している。特にMNPはポートアウト(転出)は先月よりも抑えられ、ポートイン(転入)が引き続き獲得できたことで、改善した、としている。

【3事業者のMNP】

事業者 11月 10月 9月 8月 7月 6月
NTTドコモ -68,600 -93,100 -133,100 -145,000 -112,400 -146,900
KDDI 56,800 83,900 110,800 87,700 70,100 85,300
ソフトバンクモバイル 12,300 8,200 22,300 56,700 40,600 59,900

 なお、ソフトバンクは2013年8月〜10月のプリペイド契約数やMNP利用件数に誤りがあったとして今回訂正している。

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 93,400 61,902,500
KDDI 190,200 39,394,300
ソフトバンク 237,100 34,535,200
総計 520,700 135,832,000

【通信方式別:加入者数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ【W-CDMA】 -754,300 43,857,600
NTTドコモ【LTE】 847,700 18,044,900
KDDI【CDMA2000 1x/LTE】 190,200 39,394,300
ソフトバンク【W-CDMA/LTE】 237,100 34,535,200

【内訳:通信モジュール契約数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 5,400 3,288,500
KDDI 12,300 2,341,100
ソフトバンク 73,000 3,413,500

【内訳:インターネット接続サービス契約数】

サービス 純増数 累計
iモード/spモード -99,900 50,110,600
EZweb/ISNET/LTE NET 101,100 31,283,700
Yahoo!ケータイなど 219,700 26,495,700

【内訳:プリペイド契約】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ -500 28,000
KDDI -1,500 181,100
ソフトバンク -7,700 784,000

【PHS:加入者数(9月末時点)】

事業者 純増数 累計
ウィルコム 5,310,300

【BWA:各グループごとの加入者数(9月末時点)】

事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 4,275,000
Wireless City Planning 2,081,000

(関口 聖)