ニュース

iPhoneでも「ドコモメール」、12月17日スタート

 NTTドコモは、spモードメールをクラウド対応にしたメールサービス「ドコモメール」で、iPhone向けサービスを12月17日より提供する。iPhone標準のメールアプリで利用できる。

 ドコモメールは、10月よりAndroidスマートフォンの一部機種向けに提供されているメールサービス。「@docomo.ne.jp」というドメインのメールが利用できるサービスで、メール本文はスマートフォンではなく、クラウドサーバー上に保管され、スマートフォンと同期して利用する形となる。これまでのメールと異なる点として、機種変更時にデータの移行が不要になるほか、今後はマルチデバイス対応になる予定だ。

 17日からはいよいよiPhoneでも「ドコモメール」が利用可能になる。またiPhoneのspモードメールではできなかったフォルダ追加機能が「ドコモメール」では利用できる。また新着メールが届くと、通知してくれる機能が17日より提供される。spモードメールでも同様の機能が同日より利用できるようになる。あくまで新着通知で、メール本文はアプリを起動して取得するか、あらかじめ設定した間隔で自動的に取得する。

 このほか、12月中にもパソコンや他のメールソフトからドコモメールが利用できるようになると案内。ドコモでは、かねてよりWebメール対応、次いでIMAPに対応すると方針を示していたが、年内にもIMAPに対応すると見られる。

(関口 聖)