ニュース

横浜市営地下鉄の全区間、携帯電話のサービスエリアに

 横浜市交通局とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは、横浜市営地下鉄でのエリア整備が24日で完了し、全区間で携帯電話を利用できるようになると発表した。

 今回、新たに利用できるようになるのは、横浜市営地下鉄ブルーラインの湘南台駅〜新羽駅間(所要時間54分間)。すでにグリーンラインは全線で、ブルーラインは新羽駅〜あざみ野駅間でエリア整備を終えており、今回のブルーラインでのエリア拡充により、横浜市営地下鉄全区間の駅および駅間トンネルで、携帯電話が利用できるようになる。

 各社では、これまで通りの車内マナーを守るよう呼び掛けており、特につり革がオレンジの「ゆずりあいシート」では電源を切るよう案内している。

(関口 聖)