ニュース

「LINE MALL」のプレオープン版、Android向けに先行公開

 LINEは、スマートフォンアプリ「LINE」で、ECサービス「LINE MALL(ラインモール)」のプレオープン版を公開した。当面はAndroid向けの先行公開で、iPhone版は2014年の早い時期に対応する予定。

 「LINE MALL」は、企業や一般ユーザーが他にはない商品を用意することに注力した通販サービス。LINEでは「商品名を検索してスペックを比較する“指名型”がECの中心となっている中で、LINE MALLでは一品モノの商品を豊富に揃えてウィンドウショッピングのように“発見型”で楽しめる」とアピールする。11月下旬からは、一部ユーザーに限る形で提供してきたが、今回、出品・購入の基本機能を備えたプレオープン版が用意されることになり、まずはAndroid向けに先行公開された。

 来年早々にiPhoneに対応した後は、ユーザーの動向にあわせて、機能追加の準備を進めるという。

出品の流れ

 商品を出品する場合は、スマートフォンで出品したい商品を撮影して価格を設定し、出品ボタンを押す、という流れ。一般ユーザーの出品に審査はなく匿名での出品も可能。LINE側で不正な出品物がないか、常にモニタリングしているという。また商品価格は送料込みで設定される。一方、企業としての出品では事前審査が必要なことがあるとのこと。なお、企業の本格的な出品は来春の正式オープン時に、新たな受付を開始する。

出品者への手数料は10%

 出品しただけの状態、あるいは購入に手数料はかからない。売買契約が成立すると、出品者には商品価格の10%が手数料としてかかる。購入金額の1%分のポイントが、購入者には付与され、次回以降のショッピングに1ポイント1円相当で利用できる。出品者と購入希望者はLINE MALL内の専用トークでやり取りできる。

 代金はLINE MALLを介してやり取りする。まず購入者がLINE MALLへ代金を支払い、商品が購入者の手元に届くと、LINE MALLから出品者へ支払われる。

(関口 聖)