ニュース

東芝、撮影後に“リフォーカス”可能なカメラモジュール

「TCM9518MD」

 東芝は、2つのカメラを搭載し、撮影後にフォーカスのやり直しや背景のぼかし処理などが行えるカメラモジュール「TCM9518MD」のサンプル出荷を2014年1月31日から開始する。スマートフォンやタブレットなどに向けたモジュールになっている。

 今回開発されたカメラモジュールは、500万画素、1/4インチの2個のCMOSセンサーを搭載し、撮影と被写体との距離の計測を同時にできるカメラモジュール。東芝独自のLSIを利用することで、距離情報はアプリで利用できる。

 出力された、深い被写界深度を持ったディープフォーカス画像と距離情報を組み合わせることで、撮影後にピント合わせを行うリフォーカスや、ぼかし、画像抽出などの加工を実現できるという。また、画像処理LSIにより、500万画素カメラ2個で撮影した写真は1300万画素として出力できる。

 カメラモジュールはレンズ動作機構が不要な、信号処理によるデジタルフォーカス機能を搭載。1つのセンサーを500万画素カメラとすることで、1300万画素カメラのモジュールより厚みを薄くでき、搭載端末の薄型化にも貢献できるとしている。モジュールサイズは18×12×4.65mm。

(太田 亮三)