ニュース

コーニング、曲面形状のGorillaガラスを2014年中に投入

 コーニングは、スマートフォンなどで利用されている特殊ガラスのブランド「Gorillaガラス」において、曲面形状を実現したGorillaガラスを2014年中に投入予定であると発表した。台湾のG-Tech Optoelectronics Corp.(GTOC)と共同で開発される。

 コーニングは、同社の3D成型加工技術により、高い品質と生産性を実現し、薄くて軽いモバイルデバイスや、ウェアラブルデバイスに搭載されるディスプレイの発展に貢献するとしている。同社はまた、GTOCとの協業について、アジアでの展開を強化する目的であることを明らかにしている。

(太田 亮三)