ニュース

今年中にAndroidカーが登場、Googleとホンダ、GMらがアライアンス

 米Googleは6日、自動車へのAndroid搭載を促進する「Open Automotive Alliance(OAA)」を、アウディ、ゼネラルモーターズ(GM)、本田技研工業(ホンダ)、ヒュンダイ、NVIDIAとともに結成したと発表した。スマートフォンなどで世界的に普及しているAndroidのオープンプラットフォームやエコシステムを活用し、自動車の技術革新を加速させるのが目的。

 Googleでは、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスではシームレスにネットワークを利用できるようになってきているのに対して、自動車という重要なデバイスがまだネットワークに接続されていないと指摘。また、すでに多くのユーザーがAndoridデバイスを自動車に持ち込んでいるが、まだドライバーに最適化された体験は実現していないと説明する。

 OAAでは、自動車とAndroidデバイスをインテグレーションすることで、より安全で、ドライバーに最適化された体験の提供を目指す。また、自動車そのものがAndoridデバイスと「接続できるAndoridの新機能も開発するとしている。

 実際にAndroidが統合された最初の自動車が、今年末までに登場する見込みだという。

(永沢 茂)