ニュース

12月の契約数、ドコモが純増トップに

 電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話事業者各社は、2013年12月の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモが2011年12月以来の純増シェア1位となった。

 各社の純増数は、NTTドコモが27万9100件、ソフトバンクモバイルが22万4300件、KDDIが22万2600件。一方、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の利用件数は、ドコモが5万1000件の転出超過(マイナス)となる一方、au(KDDI)が4万3300件、ソフトバンクモバイルが9400件の転入超過(プラス)になった。

【3社の純増数】

事業者 12月 11月 10月 9月 8月 7月
NTTドコモ 279,100 93,400 37,100 -66,800 43,000 172,500
KDDI 222,600 190,200 158,900 232,700 209,200 225,200
ソフトバンクモバイル 224,300 237,100 230,600 272,400 250,700 254,500

【3事業者のMNP】

事業者 12月 11月 10月 9月 8月 7月
NTTドコモ -51,000 -68,600 -93,100 -133,100 -145,000 -112,400
KDDI 43,300 56,800 83,900 110,800 87,700 70,100
ソフトバンクモバイル 9,400 12,300 8,200 22,300 56,700 40,600

 今回の状況についてドコモでは、iPhone 5s/5cの在庫を潤沢に確保できたことやAndroidスマートフォンの新機種が出揃ったこと、そしてキャンペーンを実施したことで、新規契約が伸びたと分析。MNPの利用も、転出は横ばい、転入が増加となったことで、他社への乗り換え数が低い水準になったとしている。ちなみにドコモのiモード/spモード契約数は、iモードが45万800件の減少、spモードが43万7200件の増加で、差し引き1万3600件のマイナス。またプリペイド契約が増加していることについて、ドコモ広報では、「Playstation Vita用のSIMカードの契約期間を昨年10月、30日から90日へと変更した影響」と一時的なものとしている。

 他社は今回の動向について、特にコメントはせず、引き続き、自社の優位性をアピールしていく姿勢。auは、2013年を通じたMNPの件数が過去最大になったとして、800MHz帯の整備状況や固定回線との割引であるauスマートバリューなどを強みにしていくと説明。ソフトバンクはiPhoneが好調を維持しており、同社としてはこれまで通りの勢いを保っているとコメントしている。

 なお、2013年通年での純増数は、ドコモが119万3500件、auが279万9600件、ソフトバンクが343万7500件になった。

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 279,100 62,181,600
KDDI 222,600 39,616,900
ソフトバンク 224,300 34,535,200
総計 726,000 136,558,000

【通信方式別:加入者数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ【W-CDMA】 -697,300 43,160,300
NTTドコモ【LTE】 976,500 19,021,400
KDDI【CDMA2000 1x/LTE】 222,600 39,616,900
ソフトバンク【W-CDMA/LTE】 224,300 34,759,500

【内訳:通信モジュール契約数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 14,700 3,303,200
KDDI 8,500 2,349,600
ソフトバンク 42,100 3,506,600

【内訳:インターネット接続サービス契約数】

サービス 純増数 累計
iモード/spモード -13,600 50,097,000
EZweb/ISNET/LTE NET 140,600 31,424,300
Yahoo!ケータイなど 200,800 26,696,400

【内訳:プリペイド契約】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 7,900 35,900
KDDI -1,300 179,800
ソフトバンク -9,200 774,800

【PHS:加入者数(9月末時点)】

事業者 純増数 累計
ウィルコム 5,310,300

【BWA:各グループごとの加入者数(9月末時点)】

事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 4,275,000
Wireless City Planning 2,081,000

(関口 聖)