ニュース

着信時に迷惑電話か判別、Androidアプリ「LINE whoscall」

 LINEは9日、無料メッセージ・通話アプリ「LINE」の派生サービスとして、通話発信相手情報の判別用アプリ「LINE whoscall(ライン フーズコール)」の提供を開始した。イエローページなどの電話帳情報をもとに、見知った会社や店舗からの連絡か、迷惑電話なのかを実際の着信時に識別してくれる。アプリはAndroid対応で、無料。Google Playからダウンロードできる。

「LINE whoscall(ライン フーズコール)」

 台湾・香港・インドネシア・マレーシアなど8カ国で「Google Best Apps 2013」に選定されたアプリ「whoscall」を、LINE利用者向けに刷新し、提供する。日本語版以外に、英語・韓国語・中国語(繁体字)の各バージョンも同時公開する。

 LINE whoscallでは発信相手情報の表示にあたって、電話帳、インターネット上で公開されている電話番号、ユーザーから報告された迷惑電話番号などをもとに識別を行う。着信時には店舗名などが表示され、実際に電話を受けるかユーザー側で判断できる。迷惑電話として識別された着信については、アプリ上のブロックボタンを押せば着信拒否が可能。なお、SMSについても相手先情報の表示や着信拒否設定が行える。

 日本を含む一部の国では、識別用データベースをあらかじめスマートフォン側にダウンロードしておくことができる。これにより、オフライン状態でも発信相手情報の識別が可能。

 LINE whoscall公開時点では、LINEアカウント認証機能に対応していないため、LINEアプリによる無料通話・メッセージは判別の対象外となっている。

実際の着信時に、迷惑電話かどうかを表示してくれる
店舗名などもわかる

(森田 秀一)