ニュース

スターバックス、スマホからドリンクが贈れるサービス

 スターバックス コーヒー ジャパンは、スマートフォンやパソコンからドリンクのギフトカードが贈れるサービス「Starbucks e-Gift」を1月15日より開始した。価格は500円で、受け取った人が500円分のギフトカードとして利用できる。

 「Starbucks e-Gift」は、スマートフォンやパソコンからSNSを通じて、スターバックスのギフトカード(オンラインチケット)にメッセージを添えて贈ることができるサービス。ギフトカードは、バレンタインなどのイベントや、「Thank you」、「Happy Birthday」などのテーマ、季節に合わせたデザインなど15種類が用意されている。専用サイトにアクセスし、メッセージを入力すると、ギフトカード用URLが発行され、Facebook・mixi・LINEのメッセージ機能を利用して送信する。

 SNSのメッセージ機能を通じてギフトカードを受け取ったら、全国のスターバックス店舗で、500円までの全てのドリンクが、ギフトカードを表示したスマートフォンの画面を提示することで利用できる。ギフトカードの有効期限は、販売日の4カ月後の月末までとなる。なお、500円を超える商品の場合、超えた金額を支払えばオーダーできるが、500円に満たない場合つり銭は出ない。

 「Starbucks e-Gift」を贈る際の支払いは、各種クレジットカードのほか、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア決済に対応している。

 SNS上で日々膨大な誕生日のお祝いメッセージなどがやりとりされている中、ソーシャルギフト市場の拡大が今後も期待される。

(川崎 絵美)