ニュース

「Xperia Z Ultra」Wi-Fi版24日発売、LTE版はauで

 ソニーとソニーモバイルコミュニケーションズは、約6.4インチのフルHDディスプレイを装備するAndroid端末「Xperia Z Ultra」の国内向けモデルを発表した。LTE版は、auのスマートフォン「SOL24」として発表されるほか、モバイル通信には非対応のWi-Fi版が用意される。

 発売日は、Wi-Fi版が1月24日、au版(SOL24)が1月25日。どちらもハードウェアやアプリの仕様はほぼ同等。価格を含め「SOL24」の詳細については、本日開催されているauの発表会レポートの記事もあわせてご覧いただきたい。Wi-Fi版の価格はオープンプライスだが、店頭価格は5万2000円程度になる見込み。

 ボディカラーはブラックとホワイトの2色だが、ソニーストア限定でパープルが販売される。

約6.4インチのファブレット

 「Xperia Z Ultra」は、昨年6月に発表されたAndroid 4.2端末。スマートフォンとタブレットの中間に位置する、いわゆるファブレットという位置付け。ソニー独自の超解像技術「X-Reality for mobile」を採用したトリルミナスディスプレイ for mobileは、低解像度の動画を再生しても、高い品質で楽しめる。au版ではフルセグ(地上デジタルテレビ放送)もサポートするが、Wi-Fi版ではフルセグ機能はない。別売のスタイラスペンを使った入力も可能。タッチパネルをチューニングし、独自アプリのスケッチアプリでは手書きでのメモ、写真加工なども可能となっている。

 外観は、Xperia Zシリーズのオムニバランスデザインを継承し、側面にはアルミフレームを採用する。薄さ6.5mm、横幅92mm、重さ212g(LTE版は214g)となり、ジャケットの内ポケットにおさまるサイズ。

 約810万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用したカメラ機能では、明暗差が激しい場面でも白とび、黒つぶれを抑えた撮影が可能。独自アプリで、Facebook上でリアルタイムに動画中継できる「Social live」、空間を自動認識して合成写真を撮影できる「ARエフェクト」、シャッターを押した瞬間とその前後30枚、計61枚の写真を撮影する「タイムシフト連写」といった機能が楽しめる。

 このほか、ソニーのオンラインアルバム「Playmemories Online」はアルバムアプリ上でシームレスに表示される。楽曲再生のWALKMANアプリも、ソニーの楽曲配信サービスのコンテンツをシームレスに楽しめる。

 2.2GHz駆動のクアッドコアCPU、3000mAhの大容量バッテリー、約32GBのストレージを採用する。

 周辺機器として通話対応のBluetoothヘッドセット「SBH52」、充電台の「DK33」、スタイラスペン「ES22」などが用意される。

(関口 聖)