ニュース

iPhoneでも「iD」で支払い、「DCMX」向けにプラスチックカード

 NTTドコモは、おサイフケータイで利用できるクレジットサービス「DCMX」「DCMX GOLD」のユーザー向けに、ドコモのクレジットブランド「iD」のプラスチックカードを2月17日より提供する。既存のユーザーに加えて、iPhoneのような、おサイフケータイ非対応機種のユーザーでも「iD」による決済が利用できるようになる。

 今回発行されるプラスチックカードは、ドコモのクレジットブランドである「iD」に対応したもの。これまでDCMX/DCMX GOLDでは、おサイフケータイにiDが、プラスチックカードにVISAなど他のブランドが入る形となっていた。今回のカードがあれば、iPhoneユーザーでもiDを使って決済できるようになる。利用時には店頭のリーダーライターにかざす形になる。なお、三井住友カードなど、他社が発行するカードでは、iD対応のプラスチックカードは存在している。年会費は基本的に525円だが、初年度は無料。2年目以降は、前年度に一度でも「iD」を使っていれば無料だが、一度も利用していなければ年会費がかかる。

 「iD」は、ドコモが提供するクレジットブランドで、会員数は1986万人(2013年12月末時点)で、月間決済件数は2030万件(同)となる。こうしたブランドには、VISA、MasterCardなどがあるが、iDもそうしたブランドと同じ立場となる。ちなみに「DCMX」(2013年9月末時点の会員数1508万人)は、同じくドコモが提供するサービスだが、こちらはクレジット業界で「イシュア」(カード発行事業者)、そして「アクワイアラ」(加盟店を開拓、管理する事業者)と呼ばれる立場になる。

(関口 聖)