ニュース

日本通信、“最強”と謳う「b-mobile X SIM」を発売

 日本通信は、データ通信SIM「b-mobile X SIM」を1月31日に発売する。パートナー企業であるイオン、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、b-mobile取扱販売店に向けた商品を、それぞれ販売する。SIMカードのパッケージ料金は3000円、月額料金は900円、934円、1505円の3プランを用意している(料金はいずれも税別)。

左から、イオン版、ヨドバシカメラ版、アマゾン版、bマーケット版

 「b-mobile X SIM」は、NTTドコモのXi(LTE)とFOMAエリアに対応するデータ通信サービスで、SIMロックフリーの端末に挿して高速通信ができる。SIMカードのサイズは、標準、microSIM、nanoSIMの全サイズが揃う。料金プランはプランI(600MB/月+200kbps:900円)、プランN(40MB/日+200kbps:934円)、プランB(2.2GB/月+200kbps:1505円)の3プラン。

日本通信による料金プランの他社比較(同社報道発表資料より)

 同社は、MVNO市場で競合となるIIJ、NTTコミュニケーションズ、BIGLOBEの3社と同一価格で少しずつ容量が多いサービス内容にすることで“市場最強”を謳っている。

【お詫びと訂正】
 初出時、プレスリリースのリンク先を間違えて記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

(川崎 絵美)