ニュース

ソフトバンクの新プラン、KDDIは追随せず

 「VoLTE時代を見据えた新定額プラン」として、一定利用分と従量課金を組み合わせたソフトバンクモバイルの新プランに対し、KDDIはどう対処するのか。30日に開催されたKDDIの第3四半期決算説明会において、KDDIの田中孝司社長は早急な対抗策を打ち出したり、追随したりして同様のプランを出す考えはないとした。

 「あれ、高いよね」

 そう囲み取材で語った田中氏。音声通話とデータ通信を1つのパックにしたという形態についても、現状では、ユーザーの傾向として、音声通話を重視する人はデータ通信をあまり利用せず、逆にデータ通信を使うユーザーは音声通話の利用が少ない、とのことで、しばらく検討する方針を明らかにした。

(関口 聖)