ニュース

ICT総研調査、学割加入率はドコモがトップ、満足度はau

 ICT総研は、「学割」サービスの利用動向を調査し、結果を明らかにした。キャリア別にみると、学生ユーザーが学割を利用している割合はNTTドコモがトップで、満足度はauがトップという結果になった。

 調査は携帯電話を持つ学生の親、1042名に対し、Webサイト上で実施された。調査期間は1月23日〜27日。調査結果によれば、1042人の親のうち、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の携帯電話を利用していると回答したのは997人。このうち707人が学割サービスに加入していると回答し、分からないと回答した94人を除くと、携帯電話を持つ学生の学割サービス加入率は平均で78.3%になった。

 加入率をキャリア別にみると、ドコモユーザーの学割サービス加入率は80.3%でトップ。auが78.1%、ソフトバンクが75.6%になった。

 学割サービスの満足度は、100点満点で換算したポイントで、auが60.5ポイントを獲得し、トップ。ドコモは58.6ポイント、ソフトバンクが55.9ポイントになった。

出典:ICT総研

 調査ではまた、「子供が外にいてもすぐに連絡が取れる」「利用料金がかかりすぎる」といった、親の実感や懸念点も調査している。

 ICT総研ではこのほか、2013年末時点で学生・子供の携帯電話ユーザーの数は1142万人と推計。今後子供の人口自体は漸減していくが、携帯電話の利用者数は微増していくと予測している。

(太田 亮三)