ニュース

ソフトバンク「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」2月21日に発売

 ソフトバンクモバイルは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」を2月21日に全国一斉に発売する。割引適用前の一括購入価格は、新規・MNP・機種変更ともに4万2120円、月月割適用後の実質負担額は、新規・MNPが0円、機種変更が3240円〜2万40円(現在機種の利用期間による)となる。

 発売に伴い、Webサイトでアンケートに答えて正解した方の中から、抽選でシャープ製の加湿空気清浄機や美容加湿器が当たるキャンペーンも実施する。

「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」ターコイズ

 303SHは、比較的コンパクトで、8色のカラーバリエーションを揃える、IGZOディスプレイ搭載のAndroidスマートフォン。4.5インチでフルHDの液晶ディスプレイを搭載し、左右と上部の三辺を挟額縁にしてコンパクトなボディに仕上げている。フルHD解像度で、1920×1080ドット、487ppiと高密度なパネルを採用している。

 OSはAndroid 4.2。メインカメラは1310万画素、インカメラは120万画素のCMOS。外部メモリはmicroSDXCカード。CPUは、2.2GHz駆動のクアッドコア「MSM8974」を搭載している。メモリは2GB、ストレージは16GB。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acで、Bluetooth 4.0に対応する。通信方式はW-CDMA(900MHz/2.1GHz)、FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)。海外ではW-CDMA、FDD-LTE、GSM(900MHz/1800MHz/1900MHz)に対応する。

 防水性能はIPX5/IPX7相当。おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、ワンセグ、テザリングにも対応する。フルセグは非対応。カメラをかざすと英語が日本語に変換されるというシャープ独自の機能「翻訳ファインダー」を搭載する。翻訳したワードを端末に内蔵された英和辞書へ遷移したり、単語や画像をWebで検索できる連携機能を備えている。

 バッテリー容量は2120mAhで、2日間持つとされている。大きさは約63×124×9.9mm。重さは117g。ボディカラーはターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンクの8色が揃う。

ブラック
ホワイト
レッド
ブルー
ゴールド
ライトピンク
ビビッドピンク

SoftBank SELECTIONにて専用ケースや保護フィルムを発売

 ソフトバンクBBは、「SoftBank SELECTION」ブランドより、303SHの専用アクセサリーとして、ケースや液晶保護フィルムを2月21日より開始する。SoftBank SELECTION取扱店およびオンラインショップで販売する。

クリアデザインケース for SoftBank 303SH(2640円)
ハードケース for SoftBank 303SH(2400円)
ソフトケース for SoftBank 303SH(2160円)
反射防止保護フィルム for SoftBank 303SH(1680円)
高光沢保護フィルム for SoftBank 303SH(1680円)

(川崎 絵美)