ニュース

ドコモ、新規契約でパケット定額などを日割りに

 NTTドコモは、回線の新規契約時に、パケット定額サービスや通話定額サービスの料金において、4月1日以降、契約日から月末までの料金、いわゆる日割りでの計算にする。

 対象となるのは、LTE方式の通信サービス「Xi」向けのパケット定額サービスや通話定額サービス、法人向け通話サービス。同様の取り組みは、auやソフトバンクが既に行っており、ドコモも対応することになった。

「Xi」スマートフォン、タブレット向けパケット定額サービス 「Xiパケ・ホーダイ ライト」、「Xiパケ・ホーダイ フラット」、「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」、「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」、「Xiらくらくパケ・ホーダイ」、「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」
「Xi」データ通信端末向け定額料金プラン 「Xiデータプラン フラット」、「Xiデータプラン フラット にねん」、「Xiデータプラン ライト」、「Xiデータプラン ライト にねん」
「Xi」向けドコモ内の国内通話定額サービス 「Xiカケ・ホーダイ」
法人向け社内通話定額サービス 「ビジネス通話割引」

 各種定額サービスの料金を割り引く「プラスiPhone割」「iPhone Xiカケ・ホーダイ半額キャンペーン」「プラスXi割」「Xiデータプランライト割」の割引額も日割りで計算される。

 このほか、購入した機種に応じて、一定額の割引が適用される「月々サポート」は、購入月の翌月から適用される。

(関口 聖)