ニュース

「ドコモ サイクル保険」3月4日開始、個人は440円、家族プランも

 NTTドコモは、携帯電話から申し込める保険サービスの1つとして、自転車ユーザーに向けた「ドコモ サイクル保険」を3月4日より提供する。個人プランは月額440円(非課税)、夫婦プランは同640円、家族プランは同980円となる。

 「ドコモ サイクル保険」は、自転車で事故、あるいは公共機関利用中や日常の事故を補償する保険商品。利用できるのは、ドコモプレミアクラブ会員でドコモのiモード/spモードを契約するユーザー。夫婦プランや家族プランは、契約者本人に加えて、家族もサポートする内容だが、家族の情報は事故発生後に登録するとのこと。

ドコモでは「特に加害者としてのリスクに厚く備えた」としており、他の人を怪我させた場合などに発生する賠償責任で、最大2億円まで補償する。ドコモによれば、被害者によって賠償内容は異なるものの、年々、補償額が上昇する傾向にあるとしており、同様のサービスを提供する他社よりも大きな補償額を設定したとのこと。また加害者となった場合は、被害者との示談交渉もサービスとして提供される。保険商品としては、交通事故傷害保険とファミリー交通傷害保険および賠償責任危険担保特約を組み合わせたもので、引受会社は東京海上日動火災保険となる。保険を契約できるのは、満18歳〜満70歳で個人名義の回線で、契約時には生年月日とネットワーク暗証番号を入力する。

 自転車事故だけではなく、店舗で商品を壊してしまった場合、スポーツ中で人に怪我を負わせた場合といった日常生活での事故の賠償もサポート。自転車事故では、自転車同士の事故、単独事故、歩行者との接触事故のほか、車との接触、ベビーカーでの転倒と、交通事故全般が対象になる。

 ドコモでは、サービス開始を記念し、5月31日までキャンペーンを実施する。1つは、自転車に関連するエピソードを募るもので、全ユーザーが対象となり、抽選で1組2名を「ホノルルセンチュリーライドツアー」へ招待する。もう1つは、DCMXおよびDCMX GOLDユーザーが「サイクル保険」へ加入すると、抽選で10名にドコモポイント2000ポイントをプレゼントする、という内容になっている。

(関口 聖)