ニュース

アップルが1位、Windowsも急拡大――IDCのタブレット市場調査

 IDC Japanは、2013年第4四半期(10月〜12月)および2013年通期における、国内でのタブレット出荷台数を発表した。2013年通期でのタブレット出荷台数は前年より67.2%増加し、シェア1位はアップルだった。

2013年第4四半期、初めて200万台越え

 第4四半期のタブレットの出荷台数は223万台、前年同期より21.5%増加した。四半期でタブレットの出荷台数が200万台を超えたのは今回が初めてという。背景にはアップルの「iPad」が好調だったこと、NTTドコモのLTE対応Androidタブレットが安定して売れたこと、さらにWindows 8/8.1搭載のタブレットが急拡大したことが挙げられている。

 四半期ベースでのシェアを見ると、アップルが38.6%で首位になった。次いでNexusシリーズの製造元であるASUS(15.4%)、マイクロソフト(11.0%)になった。また富士通はLTE対応Androidタブレットで4位(8.7%)、Lenovoが5位(4.6%)になった。

2013年通期、4位にAmazon

 通期での実績を見ると、出荷台数は743万台(前年比67.2%増)となった。IDCでは個人向けにハイエンドモデルが売れたこと、法人でもiPadの買換需要などがあったことが影響したと説明する。

 メーカー別シェアは、1〜3位まで第4四半期と同じとなり、1位がアップル(シェア43.8%)、2位がASUS(17.1%)、3位がマイクロソフト(6%)だった。4位はKindleシリーズを提供するAmazon(5.8%)、5位にはXperia Tablet Zを手がけるソニー(5.4%)がつけた。

 IDCでは「2014年上半期にドコモがiPadの販売を開始すると見込んでいる」としており、さらにiOSのシェアが上昇する可能性を指摘している。また教育分野でのタブレットのニーズが高まる可能性もあるとしている。

(関口 聖)