ニュース

矢野経、世界のスマホはローエンド・ハイエンドの二極化へ

 矢野経済研究所は、世界のスマートフォン・タブレット市場に関する調査を実施し、結果を明らかにした。調査期間は2013年6月〜2014年2月で、端末メーカー、半導体メーカー、通信事業者や関連団体に対して、直接面談や電話・メールなどのヒアリングなどで行われた。

 調査結果によれば、2013年の世界のスマートフォンの出荷数は10億8821万台。新興国を中心にインフラ整備が進み、出荷台数は高水準で推移した。2014年は、世界のスマートフォンの出荷について13億4188万台と予測しており、新興国が中心になるとの見方。

 先進国でのハイエンドモデルが中心だったこれまでとは異なり、2014年は新興国を中心にしたローエンドモデルの出荷が世界市場を牽引する見通し。ディスプレイサイズについては、5インチクラスが最も多い結果になっているほか、今後も5インチクラスは出荷数が拡大する見込み。

価格帯別スマートフォン世界市場規模推移 出典:矢野経済研究所

タブレットは7〜8インチクラスが大半を占める

 2013年のタブレットの出荷数は2億2090万台で、7インチクラスが8925万台、8インチクラスが7805万台で大半を占め、10インチクラスの出荷数は前年割れとなった。

 2014年は世界で3億290万台と予測されており、当面は7〜8インチクラスが主流になるとしている。

タブレットの世界市場規模推移 出典:矢野経済研究所

(太田 亮三)