ニュース

イー・モバイルの「STREAM X」にIMEI認証

 ソフト更新後、「STREAM X」にIMEI認証が採り入れられ、STREAM XのSIMカードを他の機器で使えなくなった――本誌編集部宛に読者から寄せられた一通のメール。イー・モバイルに確かめてみると、指摘通り、IMEI認証がかかったことを認めた。

 IMEIとは端末1つ1つに割り当てられた番号のこと。「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」という意味で、“International Mobile Equipment Identifier”の略称だ。IMEIは端末によって異なるもので、メーカーや機種などもわかるようになっている。イー・モバイル(イー・アクセス)によると、当初から「STREAM X GL07S」ではIMEI認証を採り入れる予定だったが、技術的に課題があり、発売から1年を経て、導入が完了したとのこと。ただ、導入の目的については「サービスポリシーのため」とだけ説明し、詳細は明らかにしていない。

 IMEI認証が採り入れられると、STREAM X用のSIMカードは、他の機種では利用できなくなる。同社では、SIMロックフリー版「NEXUS 5」向けにも同様の仕組みを導入済だ。

 「STREAM X」は2013年3月に発売されたLTE対応のAndroidスマートフォン。イー・モバイルの1.7GHz帯のほか、昨夏からはソフトバンクモバイルのネットワークにも対応。3月11日以降、最新のソフトウェアに更新していなければ、イー・モバイル網でのテザリングが利用できなくなっている。

(関口 聖)