ニュース

ブラステル、30秒10円の通話とIP電話を使い分けられる「050 Free」

 ブラステルは、1つの電話アプリで、従来の電話番号を利用する格安通話サービスと050のIP電話サービスとを使い分けられるスマートフォン向けの電話サービス「050 Free」の提供を開始した。

 今回提供が開始された「050 Free」により、同社のIP電話アプリ「Cloud Softphone」にて電話回線での発信も可能になり、050のIP電話での発信を使い分けられるようになった。

 電話回線での発信では、ユーザーが持つ090、080、070で始まるキャリアの電話番号をそのまま利用でき、アプリにより自動的に番号「0091-2020」が付加され発信する。これにより、ブラステル網を経由することでキャリアの通話料より安くすることができる。電話帳はスマートフォンの電話帳と連携する。

 通話料は、「0091」を付加した電話回線での発信の場合、国内の携帯・固定宛が6秒につき2円(非課税)。1分では20円になる。海外宛では、アメリカ本土宛が1分につき19.99円(非課税)。

 050のIP電話での発信の場合、国内の携帯宛が30秒につき5.5円(税込)。1分では11円(税込)になる。国内の固定宛は3分につき8.4円(税込)。海外宛では、アメリカ本土宛が1分につき3.99円(非課税)。ブラステル発行の050番号同士の通話は無料。

「050 Free」

 通話料の支払いは、同社のプリペイド式カード「ブラステルカード」にクレジットカードやコンビニ、ブラステルリチャージ認証店にてチャージを行うことで支払う。通話料は使用した分だけがチャージ残高から引き落とされる。ブラステルカード自体は、ファミリーマートやサークルK、サンクス、ミニストップなどで無料で配布されている。

 「050 Free」を利用するにあたっては、iOS、Android向けの電話アプリ「Cloud Softphone」(無料)をインストールし、050のIP電話番号を取得して利用する。

ブラステルカードとアプリ「Cloud Softphone」のアイコン

(太田 亮三)