ニュース

ドコモ、太陽光発電や蓄電池を搭載「グリーン基地局」の実験

フィールド実験を実施、停電状況で6時間駆動

 NTTドコモは、太陽光発電を活用する「グリーン基地局」のフィールド実験を実施し、停電状態でも6時間の電力を保持することに成功したと発表した。

 ドコモが開発する「グリーン基地局」は、災害に強く、環境に優しいという無線基地局。ソーラーパネル、高性能蓄電池、ドコモが開発する次世代制御技術「グリーン電力コントローラ」を活用し、災害時における基地局の機能の維持や、温暖化ガス削減を実現する。

 フィールド実験では、ソーラーパネルの発電特性の検証をはじめ、電力自活率と温暖化ガス削減の効果の測定が行われた。停電などで通常の電力の供給が無くなった場合でも、基地局の機能を最大6時間保持することに成功。また、基地局の消費電力を減らし、温暖化ガスを最大30%以上削減したという。

 ドコモは2011年から「グリーン基地局」の開発を行っており、2013年度は東京都、神奈川県、山梨県の3局でフィールド実験を実施。2014年度は関東甲信越地方の各地に設置した合計10局の試験局でフィールド実験を行い、多様な気象条件での効果を検証する。

(太田 亮三)