ニュース

ソフトバンク、7月からポイントプログラムをTポイントに変更

 ソフトバンクモバイルとTポイント・ジャパンは、ポイントプログラムに関する業務提携を締結し、7月から「ソフトバンクポイント」のポイントプログラムを「Tポイント」に変更すると発表した。

 7月から、ソフトバンクの携帯電話の利用料に応じて貯まるポイントが、ソフトバンクポイントからTポイントに変更される。ソフトバンクモバイルの利用金額1000円(税抜)につき、Tポイントが5ポイント付与される。すでにユーザーが貯めているソフトバンクポイントは、7月1日以降、ソフトバンクポイントとして1ポイント1円(税込)で利用できる。ソフトバンクポイントをTポイントに交換することはできない。

 Tポイントをすでに利用しているユーザーは、7月1日以降、ソフトバンクショップの店頭か、オンラインの「My SoftBank」で手続きを行って紐付けることで、ソフトバンクでの利用を、既存のTポイントアカウントに貯めることが可能になる。すでに利用しているTポイントカードも継続して利用できる。

 また、4月1日以降にソフトバンクを新規に契約するユーザーに対しては、4〜6月の利用分について、Tポイントとして7月に付与される。4月以降に契約する新規ユーザーにソフトバンクポイントは付与されない。

 このほか、7月からは新たに、1ポイント1円として、ソフトバンクの利用料金の支払いにもTポイントが利用できるようになる。携帯電話の購入代金や修理代金、オプション品の購入などについても、7月からTポイントが利用できるようになる。ソフトバンクショップはTポイントでの決済に対応するため、販売されているアクセサリーやオプション品は(ソフトバンクユーザーでなくても)Tポイントを利用して購入できる。

※既存のTポイントアカウントを紐付ける方法について、加筆しました。

(太田 亮三)