ニュース

携帯・PHS契約数の開示は四半期ごとに? TCA「決まっていない」

 毎月、電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話事業者各社から発表される契約数の開示が四半期ごとになる――産経新聞社が4日、報じた内容に対して、TCAは「何も決まっていない」とコメントした。

 TCAでは1996年より、毎月、携帯電話・PHSの契約数を発表してきた。携帯電話の普及期には急速に拡がるマーケット規模を把握する目的もあったとのことだが、ここ最近では、イー・モバイルが2011年12月分から、ウィルコムやWireless City Planning、UQコミュニケーションズは2013年9月分から四半期ごとの発表に切り換え、携帯大手3社のみ発表する形となっていた。

 TCAでは一部報道に対して「現時点では決まっていない」とコメントする。NTTドコモやソフトバンクモバイルによれば、TCA内の移動電話委員会で議題に挙がってるとのことで、検討が進められているとのこと。なお、近日中に2014年3月末時点、つまり2013年度の実績が発表される見込みで、TCA内の委員会での議論の結果が、そうしたタイミングにあわせて発表される可能性がある。

 携帯各社では、投資家向け情報の1つとして契約数を開示してきた側面もある。こうした開示がどうなるかという点についても、各社ともに検討中として、何も決まっていないとしている。

(関口 聖)