ニュース

クラウド型の「ドコモメール」、利用者数が1000万人を突破

 NTTドコモは、2013年10月よりサービスを開始したクラウド型のメールサービス「ドコモメール」の利用者数が、サービス開始から約6カ月で1000万人を突破したと発表した。

 「ドコモメール」は、クラウド対応を本格的に実現したドコモのメールサービス。スマートフォン向けに提供していた「spモードメール」を引き継ぐ形で提供され、スマートフォンやタブレットだけでなくWebブラウザからでも利用できる。またIMAPに対応したことで、汎用的なメールソフトでも利用できるようになっている。

 「ドコモメール」は2013年10月24日にサービスが開始され、11月26日には「docomo ID」を用いたマルチデバイス対応を開始。12月17日にはブラウザ版やIMAP対応、iPhone向けの提供も開始していた。

(太田 亮三)