ニュース

ドコモ、「GALAXY Note II」「GALAXY S III α」をAndroid 4.3に

 NTTドコモは、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」「GALAXY S III α SC-03E」の2機種において、OSをAndroid 4.3にアップデートするソフトウェア更新の提供を開始した。

 今回のアップデートにより、両機種ともドコモが提供する新サービスに対応する。サービスの内容は以下の通り。

  • 「docomo ID」認証の本格導入
  • 遠隔初期化に対応
  • 新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始

 また、GALAXYシリーズ独自の機能も新たに追加され、通常時と比較して電池の消費量を最大約50%低減できる「緊急時長持ちモード」や、写真を撮影しながら音声を録音できる撮影モード「サウンド&ショット」に対応する。同社製のスマートウォッチ「GALAXY Gear SM-V700」との連携も可能になり、「SC-02E」「SC-03E」に専用アプリ「Gear Manager」をダウンロードし、Bluetooth接続することで、音声通話やスマートフォンで受信したメールやSNSの通知などが受け取れるようになる。

 このほか、ワンセグにて録画したコンテンツの再生中に、正しく再生されない場合があるといった不具合も、両機種ともに改善される。

 更新はネットワーク経由で手動で行う。「SC-02E」は、更新にかかる時間は端末本体で行う場合最大約41分、パソコン経由の場合最大約90分。更新後のビルド番号は「JSS15J.SC02EOMUBND1」になる。
「SC-03E」は、更新にかかる時間は端末本体で行う場合最大約40分、パソコン経由の場合最大約77分。更新後のビルド番号は「JSS15J.SC03EOMUBND2」になる。

GALAXY Note II SC-02E
GALAXY S III α SC-03E

(西村 夢音)