ニュース

富士通×ジャストシステム、「Super ATOK ULTIAS」を共同開発

 富士通とジャストシステムは、スマートフォンの文字入力が“スマートフォン史上最高レベル”に快適とうたう日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」(スーパー エイトック ウルティアス)を共同開発した。

 「Super ATOK ULTIAS」は、ジャストシステムが提供しているパソコン版「ATOK」相当の推測エンジンと登録語彙数を搭載し、“かしこい変換機能”や打ち間違いを修正して適切な表記候補を知らせる補正機能を強化したもの。 富士通では、スマートフォンのタッチパネルのノイズを大幅削減することで誤入力を低減させる「プレミアムサクサクタッチパネル」を搭載し、ATOKのシステムと合わせて最適な操作性を実現するとしている。

富士通 執行役員 高田克美氏
ジャストシステム CPS事業部長 田食雅行氏

 スマートフォンの文字入力において、スムーズでストレスフリーな操作性を提供するシステムとして、今夏以降に発売される富士通製スマートフォンに搭載する方針を示している。

 ちなみに「Super ATOK ULTIAS」の由来は、「ULtra Technology for Input system of ArrowS」の略語から「ULTIAS」としているとのこと。

次の言葉を予測したり、文意を踏まえた予測候補を示したりする。

 Super ATOK ULTIASでは、たとえば、“アクセスポイント”と入力したいときに“あくさすぽ”という誤入力をした場合、変換候補に“アクセスポイント”を表示させ、入力ミスをしたときに再入力しなくても、正しく入力できる高品質な変換システムを搭載しているという。

 また、スマートフォンの日本語入力システムとしては業界初(ジャストシステム調べ)となる「方言」に対応した変換システムや、郵便番号を入力すれば「東京都○○区○○」といった住所が変換候補に表れるといった機能が搭載されている。方言は、アプリの設定から地域を選択することで対応されるが、たとえば九州の方言の入力が多い場合には「この人は九州の方言だ」と判別して、自動で地域が選択され、対応されるのだという。

郵便番号から住所変換ができる
方言は地域によって選択できる

 このほか、これまでのATOKにも対応していた英語入力支援が強化されている。たとえば“としょかん”と入力したら、変換候補に“図書館”と“library”が表示される。また、スペルがわからない英語についても、たとえば“こんふぃでんしゃ”と途中まで入力すると“confidential”と変換できる機能が強化される。

アプリに合わせた変換モード

 スマートフォンでのコミュニケーションが、音声からテキストへと変化している中、よりテキスト入力の使いやすさが求められていると考えられる。Super ATOK ULTIASでは、メールやチャット、SNSのアプリを起動したときは「話し言葉優先」、地図アプリでは「地名優先」、連絡帳アプリでは「人名優先」といった、アプリに合わせた適切なモードに自動変更される。

対応予定アプリ

 対応アプリは、プリインストールアプリを中心に決められたアプリにのみ対応する。現在予定されているアプリは、「話し言葉優先」ではメールアプリやSNSが中心となっており、「Facebook」、「Facebookメッセンジャー」、「LINE」、「Twitter」、「Google+」、「Instagram」、「Skype」、「Ameba」、「mixi」、「comm」、「Gmail」、「ドコモメール」など。地名優先では「Googleマップ」、「NAVITIME」、「Yahoo!乗換案内」、「乗換案内」、「ドコモ地図ナビ」など。

 夏モデルの新製品はキャリアも含め未発表ではあるが、製品発売後も対応アプリを増やしていくとしている。

アプリ内の「キーワードExpress」で、最新のトレンドワードなど語彙が更新される
ジャンルを選択する
“すたっぷ”と入力すると“STAP細胞”の候補が出る
ホットキーワードの一覧
最新の「エンタメ・カルチャー」の一覧
ワードの横に表示される虫眼鏡マークをタップするとGoogle検索される

(川崎 絵美)