ニュース

ドコモのLTE、2014年度中に225Mbpsへ

 NTTドコモは、2014年度中にLTE-Advancedの技術を導入し、理論値で下り最大225Mbpsのサービスを開始する。4月25日に開催された決算発表で、NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏が明らかにした。

225Mbpsのサービスを2014年度中に開始

 下り225Mbpsのサービスは、キャリアアグリゲーション(CA)の技術を用いて、合計で30MHz幅の帯域を利用して提供される見込み。

 また、今夏から導入すると発表していた次世代の通話サービス「VoLTE」について、2014年夏モデルのスマートフォンが対応する予定であることも明らかにしている。VoLTEでは、周波数の利用効率が従来の3倍になるとし、ユーザー向けには高音質で低遅延という特徴をアピールしていく。

VoLTEは2014年夏モデルで対応スマートフォンが登場
NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏

(太田 亮三)