ニュース

アップル、保有楽曲をすべてiCloudで管理できる「iTunes Match」

 アップルは、クラウドサービスの「iCloud」上で、ユーザーが保有する楽曲を総合的に管理したり再生したりできるサービス「iTunes Match」の日本国内での提供を開始した。「iCloud」上に最大2万5000曲を保存でき、利用料は年額で3980円。

 今回提供される「iTunes Match」は、CDからリッピングした楽曲データなど、「iTunes Store」以外で購入した楽曲についても、「iCloud」上で管理できるというもの。

 例えば「A」という楽曲をCDからリッピングして、パソコンやiOS端末に保存していた場合、「iTunes Match」により、楽曲「A」が「iTunes Store」で配信されているかどうかがチェックされる。「iTunes Store」で配信されている楽曲だった場合、データをアップロードすることなく、ユーザーの「iCloud」上に楽曲「A」が追加される。マッチした楽曲データは、DRMフリー、256kbpsのAAC形式で利用できる。「iTunes Store」では世界各国の合計で約3700万曲が配信されており、同社では「持っている曲とマッチするものがiCloudにある可能性はかなり高いでしょう」と案内している。

 保有している楽曲が「マッチ」しなかった場合も、「iTunes」で再生できる楽曲については、データを「iCloud」にアップロードできる。

 「iTunes Match」を利用するにあたり、「iCloud」上で管理できる楽曲数は、最大2万5000曲。これには「iTunes Store」で購入した楽曲は含まれない。

 「iCloud」の楽曲をパソコンで再生する場合、楽曲はストリーミング再生され、ダウンロードも可能。iOS端末で利用する場合、ダウンロード後に再生できるようになる。アーティストやアルバム、プレイリスト単位でのダウンロードも可能。

 「iTunes Match」の対象端末は、iOS 5.0.1以降を搭載したiPhone 3GS〜、iPod touch(第3世代〜)、iPad、iPad mini。パソコンは、iTunes 10.5.1〜がインストールされたMac、Windowsパソコン。利用できる端末は最大10台。

(太田 亮三)