ニュース

屋外広告を見て無料でWi-Fi利用、電通がアキバで展開

 電通は、ワイヤレスゲート、OOHメディアソリューション、シーエスイーと共同で、「無線LAN環境構築支援プロジェクト」を推進し、常設のWi-Fi連動型屋外広告「アキバWi-Fiシリンダー」の販売を企業向けに開始した。

 「アキバWi-Fiシリンダー」は、JR秋葉原駅の電気街口、アトレ秋葉原前に設置されている柱巻き広告と無料Wi-Fiを連動させた屋外広告。柱巻き広告にWi-Fiアクセスポイントを設置し、広告主が指定した名称でSSIDを提供する。屋外広告を見たユーザーは、スマートフォンなどで広告主が提供するSSIDを選択し、一度広告主のサイトを見ることにより、無料でWi-Fiが利用できるようになるという仕組み。

 「アキバWi-Fiシリンダー」経由でアクセスするページに、その場でしかもらえない限定クーポンなどを設定して、ユーザーを実店舗へ誘導する販促企画や、オンラインゲームで秋葉原限定のアイテムを配布するプロモーション展開などへの利用を想定している。

 現在は広告の販売を開始した段階で、実際に機能するようになるのは最短で6月上旬とのこと。広告の掲出期間は、2週間単位を予定している。

(西村 夢音)