ニュース

ソニー、「Xperia Z2 Tablet」Wi-Fi版を発売

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、10インチクラスでは世界最小・最軽量をうたうAndroidタブレット「Xperia Z2 Tablet」のWi-Fi版を日本国内で5月31日に発売する。LTE対応版はauから発売されるが、Wi-Fi版もあわせて登場することになった。オープンプライスだが市場推定価格は5万5500円(税抜)前後になる見込み。

 LTE版との違いは、ストレージ(ソニーストア限定で16GB版を用意)のほか、テレビ機能(ワンセグ/フルセグ)がWi-Fi版では搭載されないこと。その他は、ほぼ同等の仕上がりとなる。

 10.1インチ、WUXGA(1200×1920ドット)という解像度のトリルミナスディスプレイ for mobileは、新たに「Live Color LED」を採用して、従来よりも豊かな色で表示できるようになった。約810万画素CMOSカメラを搭載し、恐竜などのCGと合成できる「AR effect 2」では新たに動画との合成が可能となった。また高フレームレートで撮影して一部をスローモーションにできる機能なども用意される。

 大きさは約266×172×6.4mm、重さ約426g。OSはAndroid 4.4、チップセットはMSM8974AB(2.3GHz駆動、クアッドコア)、メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は32GB/16GB。外部メモリとして最大128GBのmicroSDXCカードをサポートする。

(関口 聖)