ニュース

ソフトバンク、電話番号とメアドを最長5年間保管できるサービス

 ソフトバンクモバイルは、一定期間ソフトバンクの携帯電話を利用しないユーザー向けのサービスとして、電話番号とキャリアのメールアドレスを最長で5年間保管するサービス「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を5月15日より提供する。利用料は月額390円(税抜)。

 今回提供が開始される「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」は、電話番号と、「@softbank.ne.jp」または「@i.softbank.jp」「@▲.vodafone.ne.jp」(▲はアルファベット)などのキャリアが提供するメールアドレスを保管するサービス。

 ソフトバンクでは、「海外滞在期間中にソフトバンク携帯電話を契約いただいたままでも、通話・通信サービスの月額基本使用料をお支払いいただくことなく、帰国後は渡航前と同じ電話番号・メールアドレスが利用可能となります」と説明している。

 保管期間は最長5年で、5年以上が経過すると自動的に解約される。保管中は通話・通信サービスを含めてサービスを利用できないほか、利用していた各種のサービスはすべて解除される。

 同サービスの申し込みは、ソフトバンクショップで受け付ける。別途、ユニバーサルサービス料と申込手数料の2000円(税抜)がかかる。

 なお、同様のサービスはドコモ、auでも提供されている。

(太田 亮三)