ニュース

「GALAXY S5」卓上ホルダの利用でアラームに不具合

ドコモ、au版ともにアプリの更新で対応

 2014年の夏モデルとして5月15日に発売された「GALAXY S5」だが、当初から時計アプリに不具合があるとして、一部でアップデートを案内している。

「GALAXY S5」と卓上ホルダ

 一部で明らかにされている不具合は、「GALAXY S5」と卓上ホルダを利用しているケースにおいて、プリインストールアプリ「Clock(時計)」のアラームが止まらない場合があるというもの。

 「GALAXY S5」は、NTTドコモからは「GALAXY S5 SC-04F」、auからは「GALAXY S5 SCL23」としてラインナップされている。ドコモショップなどでは、購入者に対し、サムスン製アプリを管理する「Samsung Apps」をアップデートした上で、「Clock」アプリをアップデートするよう、チラシを渡すなどして案内している。

 auの「GALAXY S5 SCL23」でも同様の不具合が確認されているが、KDDI広報部によれば、auショップでは販売時に店員がアプリのアップデート操作を行うことで対応しているという。

(太田 亮三)