ニュース

freetelのLTE対応SIMフリースマホ、スペックを引き上げ

8月中旬以降に発売予定、実売2万9800円

 プラスワン・マーケティングは、今夏に発売するSIMロックフリーのLTE対応スマートフォン「freetel LTE XM」について、最終的な仕様を発表した。8月中旬〜下旬に発売を予定し、販売予想価格は2万9800円。予約の受付が開始されている。

「freetel LTE XM」

 5月に発表された時点から画面解像度やストレージ容量などが引き上げられ、外観もスクウェアなデザインが公開されている。OSはAndroid 4.4を搭載する。SIMカードの形状はmicroSIMカード。

 通信方式は、LTEが800(バンド19)/1700(バンド3)/2100MHz(バンド1)、W-CDMAが800(バンド19)/2100(バンド1)、GSMが900/1800/1900MHz。

 ディスプレイは5インチ、1280×720ドットのTFT液晶。メインカメラは800万画素、インカメラは100万画素。CPUは1.2GHzのクアッドコア、メモリは1GBで、ストレージは16GB。無線LANはIEEE802.11b/g/n。Bluetooth 4.0、GPSなどに対応する。

 バッテリー容量は2300mAhで、連続待受時間は約340時間、連続通話時間は約600分。大きさは約142.3×70.4×7.8mmで、重さは約132g。ボディカラーはブラックのみが公開されている。

(太田 亮三)