ニュース

ジャストシステム、iOS 8用日本語入力システムは「前向きに検討」

 Appleが開発者向けイベント「WWDC」で詳細を発表したiOS 8。今秋リリースされるこのOSでは、文字入力システムとソフトウェアキーボードがサードパーティにも開放されることが明らかにされている。

 パソコン、スマートフォンなどに日本語入力システム「ATOK」を提供しているジャストシステムは、iOS 8向けの日本語入力システムの開発・提供について、「前向きに検討している」ことを明らかにした。詳細はまだ調査中としているものの、「開発に向けて準備はしていきたい。待ち望んでいた対応で、歓迎したい」とコメントしている。

 同社はiOS向け製品を開発する当初から、iOSの文字入力システムを置き換える形の「ATOK」の開発に挑戦してきたが、Appleの方針およびOSの仕様により、実現できなかった。現在はATOKの機能を搭載したメモアプリ「ATOK Pad」が提供されている。

 なお、6月4日には、手書き日本語入力システム「mazec」を提供するMetaMoJiが、iOS 8に向けて日本語入力システムを開発する意向を表明。情報を調査中で詳細が決まり次第案内するとしている。

(太田 亮三)