ニュース

ソフトバンク、新料金プラン「スマ放題」を7月1日スタート

ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」をコピー

 ソフトバンクモバイルは、新料金プラン「スマ放題」の提供を7月1日に開始すると発表した。新プランは、NTTドコモの「カケホーダイ&パケあえる」をコピーした内容となっている。

ドコモとの差分は「データくりこし」「家族おトク割」

 ドコモのプランとの違いは、使い切らなかったデータ量を翌月に繰り越せる「データくりこし」というオプションと、家族内でデータ量をシェアしない場合でも、契約回線数に応じて割引を受けられる「家族おトク割」というオプションが用意されたところ。

 「データくりこし」は、各データ定額パックに設定されたデータ量の上限まで利用せずに余ったデータ容量を100MB単位で翌月に繰り越せるオプション。1000円/1GBで追加購入したデータ量も繰り越せる。繰り越し分は契約プランにより設定されたデータ量の上限を超過した際に利用できる。

 「家族おトク割」は、契約している回線数に応じて各データ定額パックの月額料金が2年間割引となるオプション。合計2〜10回線で契約データ量の合計が10GB以上の場合に適用できる。割引額は「データ定額パック5」で300円、「データ定額パック10」で1000円、「データ定額パック15」で1500円、「データ定額パック20」で2000円、「データ定額パック30」で3000円となっている。

基本プラン〜スマホは月2700円で通話し放題

 基本プランとなるのは、スマートフォン向けの「通話し放題プラン」、フィーチャーフォン向けの「通話し放題プラン(3Gケータイ)」、タブレット向けの「タブレットプラン」の3つ。月額料金は「通話し放題プラン」が2700円、「通話し放題プラン(3Gケータイ)」が2200円。いずれも2年契約時の金額となる。国内宛の音声通話の料金はプランに含まれており、追加料金は不要(0180や0570などから始まる番号への通話など、一部対象外)。

 インターネット接続には、S!ベーシックパック・ウェブ基本使用料(月額300円)への加入が必要(タブレットプランの場合は加入必須)で、データ定額パックに未加入の場合のパケット通信料は4G端末の場合で1パケット0.075円、3G端末の場合で1パケット0.08円。

データ定額パックは2GB/3500円〜

 インターネット接続料金は、月2GB〜30GBの中から各自必要なデータ容量に応じて選択できる「データ定額パック」を契約する形で支払う。月額料金は、2GBまでの「データ定額パック2」が3500円、5GBまでの「データ定額パック5」が5000円、10GBまでの「データ定額パック10」が9500円、15GBまでの「データ定額パック15」が1万2500円、20GBまでの「データ定額パック20」が1万6000円、30GBまでの「データ定額パック30」が2万2500円。

 このほか、シンプルスマホ向けには「データ定額パック(シンプルスマホ)」が月200MBまでで月額2000円、フィーチャーフォン向けには「データ定額パック(3Gケータイ)」が上限無しで月額3500円という料金で提供される。

 いずれのプランも契約データ量を超過した場合には通信速度が最大128kbpsに制限されるが、1GBあたり1000円を支払うことでこの制限を解除できる。

10GB以上のプランなら1回線500円で家族内シェア可能

 NTTドコモの「パケあえる」同様、家族内で代表回線が契約しているデータ容量をシェアすることもできる。ソフトバンクでは「家族データシェア」の名称で提供され、月額使用料は子回線1つにつき500円。ただし、同オプションを利用できるのは、「データ定額パック10」(10GB)以上のプランを契約している場合のみとなる。1GBにつき1000円で追加購入したデータ量もシェア可能で、この場合、追加購入は代表回線から申し込むことになる。

 Wi-Fiルーター「203Z」「301HW」向けには、シェア専用の「Wi-Fiルータープラン」が用意される。「家族データシェア」に加入することで、これらのルーターの月額料金が1400円になる。

長期契約ユーザーと25歳以下のユーザーに特典

 長期契約ユーザー向けの特典としては、提供開始時期は未定ながら、ソフトバンクでの契約期間に応じて毎月の利用料金でたまる「Tポイント」の付与率がアップする「長期継続ボーナス」が用意された。通常(2年目まで)、請求額1000円につき5ポイントという付与率が、3〜10年目では2倍の10ポイント、11年目以降は5倍の25ポイントとなる。

 このほか、25歳以下のユーザーに対しては、「U25ボーナス」を用意。26歳の誕生月まで毎月の基本使用料が500円引となる上、毎月データ量が1GB追加される。「通話し放題プラン」または「通話し放題プラン(3Gケータイ)」と、「データ定額パック」への加入が条件となる。

(湯野 康隆)