ニュース

KDDI、バルカン半島の洪水被害への救援金募集

 KDDIと沖縄セルラーは、セルビア共和国およびボスニア・ヘルツェゴビナへの救援金の募集を開始した。

 ヨーロッパ南東部のバルカン半島のこの地域では、5月中旬から降り続いた豪雨により洪水が発生し、大きな被害が出ている。KDDIと沖縄セルラーでは、社会貢献サイト「キボウのカケハシ」内に災害支援ページを立ち上げ、救援金を募集。日本赤十字社を通じ、国際赤十字・赤新月社連盟とセルビア赤十字社、ボスニア・ヘルツェゴビナ赤十字社に支援金を届ける。

 募金額は100円〜5000円から選択でき、auかんたん決済、または、じぶん銀行で支払える。募集期間は2014年7月31日正午まで、寄付日は8月29日の予定。

(湯野 康隆)