ニュース

ビックカメラの格安スマホ第2弾、データ通信専用も

 ビックカメラは現在販売している「月額2830円からのスマートフォン」の第2弾として、SIMロックフリーのスマートフォンを、6月13日よりビックカメラ全店および、コジマ各店(25店舗)で販売する。4月の第1弾は1000台限定の販売だったが、今回は販売台数を限定しない。

第2弾はTJC製の「StarQ」

 今回販売する端末は、TJC製のAndroidスマートフォン「StarQ Q5001」。ビックカメラオリジナルの、SIMカード「BIC SIM」とのセットでの販売となる。SIMカードは、音声通話とデータ通信が可能なものと、データ通信専用の2タイプが販売される。

 TJC製「StarQ Q5001」は、Android 4.2.2、5.0インチのIPS液晶パネル、1.3GHzクアッドコアプロセッサーを搭載する。LTE非対応で3GとGSMをサポートし、通信速度は下り最大14Mbps。サイズは145×73.5×8.95mm。重さは143g。2000mAhのバッテリー、Bluetooth2.1を備える。32GB microSDをサポートする。

音声通話とデータ通信で月額2830円〜

 BIC SIM(音声通話・データ通信)と端末のセットは、月額2830円〜、3年目以降は月額1900円〜で利用できる。内訳は、端末料金22320円の月額930円×24回払い、BIC SIMは月額1900円〜で、月々の支払いは930円+1900円=2830円となる。3年目以降は端末の分割払いが無くなるため、月額1900円〜で利用できる。いずれも税別。

 初回料金には、BIC SIMパッケージ代金2990円(税別)が別途必要。

データ通信だけなら月額1830円〜。

 BIC SIM(データ通信専用)と端末のセットの場合は、月額1830円〜、3年目以降は月額900円〜で利用できる。内訳は、端末料金22320円の月額930円×24回払い、BIC SIMは月額900円〜で、月々の支払いは930円+900円=1830円となる。3年目以降は端末の分割払いが無くなるため、月額900円〜で利用できる。いずれも税別。

 初回料金には、BIC SIMパッケージ代金2990円(税別)が別途必要。

端末代金は税込1000円

 なお、両プランとも分割料金は、先述した通り、1カ月あたり930円だが、税込価格であれば月額1000円になる。なお、初回の支払いのみ1105円(税込)となる。

(西村 夢音)