ニュース

サムスン、フラッグシップAndroidタブレット「GALAXY Tab S」を発表

 サムスン電子は米ニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデンで製品発表会「Samsung GALAXY PREMIERE 2014」を開催し、タブレットの新製品「GALAXY Tab S」の8.4インチモデルと10.5インチモデルを発表した。7月より発売を開始する。日本での発売についてはアナウンスされていない。

「GALAXY Tab S」8.4インチモデル
「GALAXY Tab S」10.5インチモデル

 価格は販売地域によるとのことだが、米国での販売価格は8.4インチモデルの16GB/Wi-Fi版が399ドル(約4万円)、10.5インチモデルの16GB/Wi-Fi版が499ドル(約5万円)と発表された。また、今回発表されたスペックや機能、バンドルコンテンツなどの詳細は、販売地域によって異なる見込み。

 GALAXY Tab Sは、「S」の名前を冠する新しいタブレットのフラッグシップシリーズ。両モデルともに6.6mmという薄いデザインながら、2560×1600ドットの有機ELディスプレイを搭載するのが特徴。8.4インチと10.5インチでそれぞれストレージが16GBと32GB、LTE版とWi-Fi版がある。

「Samsung GALAXY PREMIERE 2014」の会場となった米ニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデン

ディスプレイの見やすさを極限まで追求

 発表会のプレゼンテーションでは、SAMSUNG ELECTRONICS AMERICAでSENIOR VICE PRESIDENTのMichael Abary氏は、タブレットデバイスの主な用途の上位が上から「Webブラウジング」「ビデオ視聴」「SNS」であることを指摘し、「“見る”体験がキーになる」と語り、GALAXY Tab Sがディスプレイに注力していることをアピールした。

Michael Abary氏が語るタブレットの用途のトップ3
プレゼンで示された注力分野の2つ

 ディスプレイには有機ELディスプレイのSuper AMOLEDを採用する。解像度は2560×1600ドット。解像度は「GALAXY Tab Pro」シリーズと同じだが、GALAXY Tab Proが液晶ディスプレイだったのに対し、GALAXY Tab Sでは有機ELディスプレイが採用されている。

 液晶ディスプレイに比べると、今回採用されたSuper AMOLEDは輝度や色の再現性に優れ、動画や写真などの表示に優れていることが特徴となっている。色域についてはAdobe RGBの90%に達し、コントラストも10万:1となっている。

 さらに環境光に合わせてホワイトバランスを調整したり、アプリに応じて画質補正を変更する機能も搭載し、ディスプレイ面の反射も減らしているため、屋外での視認性も向上している。映像エンジンにはサムスン電子のテレビにも使われている「mDNIe」という技術が使われている。

色域。通常の液晶ではAdobe RGBの70%程度しか表示できないという
コントラスト比の比較。通常の液晶の約100倍にあたる10万:1
表示内容ごとに別のトーンカーブを使い、明るい場所でも見やすくする
液晶に比べると表面の反射が少ない

 スマートフォンのフラッグシップモデル「GALAXY S5」と同様に、ホームボタン部分に指紋認証センサーを内蔵し、ロック解除やPayPal決済に利用できる。また、8人までのマルチユーザー機能があり、そのユーザー切り替えに指紋を使えるという。子ども向けのキッズモードも用意されている。

 変わったところでは、Android 4.4搭載のGALAXYシリーズのスマートフォンを遠隔操作する「SideSync 3.0」に対応し、スマートフォン側の回線を使って通話したりSMSを送受信したり、各種アプリを利用することができる。

SideSyncのデモ

 さらに「ギフト」として、さまざまなコンテンツがバンドルされる。アメリカンコミックのMarvel Entertainmentとサムスン電子はグローバルでのブランドパートナーシップを結んでおり、GALAXY Tab Sには3カ月間のMarvelコミックへの無制限アクセス権が付属する。Google Playとも連携し、いくつかの映画などのコンテンツが提供される。

トライアル版などのコンテンツがバンドルされる

 このほか、8.4インチモデル、10.5インチモデルともに、全体を覆う「Galaxy Tab S Book Cover」と、ディスプレイ面だけを保護する「Galaxy Tab S Simple Cover」、ディスプレイ面を保護するカバーとしても使える「Samsung Bluetooth Keyboard」などの専用アクセサリも用意される。

Galaxy Tab S Book Cover

 8.4インチモデルの大きさは125.6×212.8×6.6mmで、重さは294g(Wi-Fi版)、298g(LTE版)、4900mAhのバッテリーを搭載する。

 10.5インチモデルの大きさは247.3×177.3×6.6mmで、重さは465g(Wi-Fi版)、467g(LTE版)、7900mAhのバッテリーを搭載する。

 ボディカラーは「Titanium Bronze」と「Dazziling White」の2種類。

 プロセッサーは「Exynos 5 Octa」(1.9GHzクアッドコア+1.3GHzクアッドコア)もしくはクアルコム「Snapdragon 800」(2.3GHzクアッドコア)のいずれか。OSはAndroid 4.4。システムメモリは3GBで、ストレージは16GBもしくは32GB。ディスプレイ解像度は2560×1600ドット(16:9)。microSDカードスロットがあり、最大128GBまで対応。カメラは背面が8メガピクセル、インカメラが2.1メガピクセル。このほか各種センサーを搭載し、LTEモデルだけは近接センサーも搭載する。

 通信機能としては、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acにMIMOで対応する。LTE版ではLTEと3G、GSMに対応する。

(白根 雅彦)