ニュース

マッドキャッツ、Android/PCに対応のBluetoothゲームパッド

スマホ固定クリップが付属、メディア操作やマウスモードも

 マッドキャッツは、Bluetooth 4.0に対応したワイヤレスゲームパッド「C.T.R.L. R Mobile Gamepad Black」を6月27日に発売する。価格は4980円(税抜)。

「C.T.R.L. R Mobile Gamepad Black」

 今回発売される「C.T.R.L. R Mobile Gamepad Black」は、ゲーマー向けのコントローラーやマウスといった周辺機器を展開するMad Catzブランドの新製品。Bluetoothを搭載することで、Androidスマートフォンおよびパソコンとワイヤレスで接続できる。

 Bluetooth 4.0(Low Energy)での接続のほか、パソコン向けとしてBluetooth 3.0のHIDプロファイルでの接続に対応。対応OSはAndroid 3.0〜、Windows Vista〜、OS X 10.8〜となっている。Androidおよびパソコン向けにはスティックのキャリブレーション(補正)を行えるアプリも無料で提供される。

 ゲームパッド本体には2本のアナログスティック、十字型の方向キー、トリガーボタンなど、さまざまなゲームに対応できるボタンを装備。加えて、メディアの再生や選曲を行えるメディア操作ボタンも搭載されている。

 本体の動作は、モードスイッチにより3つのモードから選択可能。Bluetooth 3.0のゲームパッドとして動作する「PCモード」、マウスカーソルをスティックに割り当てる「マウスモード」、Bluetooth 4.0(Low Energy)で接続する「GameSmartモード」の3種類が用意されている。

 「C.T.R.L. R Mobile Gamepad Black」ではまた、スマートフォンをゲームパッドに固定できるトラベルクリップが付属。幅58.6〜80.5mmまでのスマートフォンを固定できる。

 電源は単4形乾電池2本で、最大約40時間の使用が可能。大きさは約190×75×175mmで、重さは約544g。

(太田 亮三)