ニュース

auも新料金プラン発表、通話定額と通信量を選べる「カケホとデジラ」

 KDDIと沖縄セルラーは、auの携帯電話サービスの新料金プランとして、通話定額サービス「電話カケ放題プラン」と、好みの通信量を選べる「データ定額」を組み合わせた「カケホとデジラ」を8月13日より提供する。固定回線とセットで利用すると割引される「auスマートバリュー」の対象となる。新プランを一足早く体験できるキャンペーン(※関連記事)も用意される。

 新プランはあわせて利用する形となり、従来プランと組み合わせることはできない。従来プランは当面、継続されるが、KDDIでは将来的に新プランへ一本化する考え。ただ、一本化の時期、あるいは従来プランの受付終了時期は未定。今後の動向を踏まえて決まることになる見込み。

プレゼンを行ったKDDIの田中孝司社長

※本記事での価格表記は税別。

月額2700円のカケホ

 電話かけ放題プランは、auの携帯電話から国内の他社携帯電話や固定電話など、相手が誰でも通話料が基本料金に含まれたプラン。スマートフォンは月額2700円、フィーチャーフォンは月額2200円となる。

 これらの料金は2年契約を前提にした「誰でも割」適用時のもの。非適用時はスマートフォンの場合で月額4200円、フィーチャーフォンの場合で3700円になる。

 国際電話や海外での通話、0570など他社が料金を決めている電話番号などは定額の対象外。

6種類の容量を用意したデータ定額

 データ定額では2GB、3GB、5GB、8GB、10GB、13GBと6種類の通信量が用意され、価格は3500円〜9800円。ただしフィーチャーフォンは通信量にかかわらず3500円となる。

容量 料金(1GBあたりの料金)
データ定額2(2GB) 3500円(1750円)
データ定額3(3GB) 4200円(1400円)
データ定額5(5GB) 5000円(1000円)
データ定額8(8GB) 6800円(850円)
データ定額10(10GB) 8000円(800円)
データ定額13(13GB) 9800円(754円)

 これらの料金には、別途、ネット接続用のLTE NET(300円)も必要。

auスマートバリュー

 固定回線とのセットで割引される「auスマートバリュー」の対象となるが、「auスマートバリュー mine」との割引については未定とのこと。

 またこれまで、auスマートバリューの対象外だったフィーチャーフォンについては、新料金プランであれば割引されるようになる。

 割引はデータ定額に対して適用される形となり、「データ定額2」「データ定額3」そしてフィーチャーフォン向けの場合は1カ月あたり934円の割引。「データ定額5」以上は当初2年間、1410円割引され、その後は934円の割引になる。

家族間で融通、追加購入も

 あわせて導入される「データギフト」は家族間で、あまった通信量を0.5GB単位で贈りあえるサービス。後述する追加容量からはシェアできず、データ定額の通信量から家族の回線に贈りあえる。データギフトは12月から提供される予定で、同様の機能を体験できるキャンペーンが一足先に実施される。このデータシェアが、他社と大きく異なる部分であり、auでは家族間でもそれぞれ違う携帯電話の使い方にマッチするプランとしている。

 個人がスマートフォンとタブレットのような形で2回線を利用する場合、これまでキャンペーン(※関連記事)として提供されてきた「データシェア」を利用する形となる。データシェアは現在、正式版ではないが、12月より正式に提供される。

 また、データチャージは、0.5GBで550円、1GBで1000円という値付けの追加容量購入オプション。有効期間は62日間。データチャージは8月13日から利用できる。

長期契約で通信量増

 契約期間が6年目以降のユーザーについては、通信量が3カ月に一度、増量される。こちらの提供開始時期は未定。その増量分は利用期間と契約するプランによって異なる。たとえば6年〜8年目のユーザーの場合、データ定額2とデータ定額3では0.5GBの増量となるがデータ定額5以上であれば1GBの増量となる。

プラン 1〜5年目 6〜8年目 9〜10年目 11年目以降
データ定額2
データ定額3
+0.5GB +0.75GB +1GB
データ定額5以上 +1GB +1.5GB +2GB

(関口 聖)