ニュース

緊急地震速報を防災訓練に活用、ドコモの地震防災訓練アプリ

 NTTドコモは、地震発生を想定した防災訓練時に利用できるスマートフォン向けのアプリ「地震防災訓練アプリ」を、7月より提供する。対応OSは、Android 4.0以降、iOS7.0以降で、ドコモ以外のユーザーでも利用できる。利用料は無料。

 「地震防災訓練アプリ」は、防災訓練が行われる日時になると、緊急地震速報の専用ブザー音が鳴り、メッセージが表示されるというもの。専用ブザー音をきっかけに、避難行動をとる訓練を行う。訓練を開催する自治体や団体は、あらかじめ専用のQRコードを作成する。参加者はそのQRコードを読み取って、訓練の予定をアプリに登録する。QRコードを訓練の案内が書かれた広報誌やウェブサイト掲載することで、ユーザーへの参加を促す。

 同アプリは、「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(シェイクアウト会議)」の協力のもと開発された。シェイクアウトは、地震を想定して参加者が一斉に行動する防災訓練で、日本全国で行われている。ドコモは、2007年12月に緊急地震速報のメッセージを携帯電話に配信する「エリアメール(緊急地震速報)」を開始した。このエリアメールを、地震防災訓練でも活用したいという意見から、アプリとしての提供が実現した。

 今後、富士河口湖町主催の「富士河口湖町シェイクアウト訓練」(9月10日)、北海道主催の「北海道シェイクアウト2014」(10月15日開催)および、気象庁などが実施する緊急地震速報の訓練などで活用される予定。

(西村 夢音)