ニュース

「BIGLOBEスマホ」、次は4.7インチの「LG G2 mini」

 ビッグローブは、9月にもBIGLOBEスマホの第2弾の機種として、「LG G2 mini」を投入する。30日の記者会見で、代表取締役社長の古関義幸氏から明らかにされた。

 グローバルで発売されている「G2 mini」は、Android 4.4搭載で、4.7インチ、960×540ドットのIPS液晶ディスプレイや800万画素カメラを備える。LTE(下り最大150Mbps)対応で、背面にキーが用意されている。ビッグローブ版は「LG G2 mini for BIGLOBE」という商品名で登場する予定で、外観やスペックはグローバル版そのままで、ビッグローブ独自アプリの「オートコネクト」がプリセットされる。SIMロックは施されていない。

 6月中旬には、LGエレクトロニクスMC営業グループ常務のベ・ヒョンギ氏によると、MVNO事業者と提携したSIMロックフリー端末の提供も検討中、としていたが、今回そのコメント通り、日本でMVNOのビッグローブからSIMロックフリー版が提供されることになった。

 プレゼンテーションで古関氏は、「あと2カ月、どういう値段にするか悩んでいるが、なるべく頑張りたい」と語ったが、質疑において「(今回発表した)シャープのものとは価格差はできるでしょう」とした。ビッグローブとしては今回、G2 Miniの軽さ、使い勝手の良さから、次のラインアップに選んだという。

(関口 聖)