ニュース

台風8号、ケータイにも影響――沖縄各地で通信障害

災害用伝言板、稼働中

 大型で非常に強い台風8号の接近にともない、携帯電話の利用状況にも影響が出ている。携帯各社は、沖縄県内で携帯電話が利用できない、あるいは繋がりにくい場所があると案内している。台風が今後接近する地域では、同様の影響が出てくることも予想される。

 あわせて災害用伝言板サービスの提供も開始されている。

ドコモ

 NTTドコモでは、7日22時ごろより沖縄県のうるま市、国頭郡伊江村・金武町・東村、糸満市、島尻郡渡嘉敷村・南風原町、南城市、豊見城市、名護市において、通信障害が発生していると案内。台風による停電、伝送路(基地局を結ぶ回線)の故障で、音声通話およびパケット通信のどちらも利用できない状況にあるとしている。

au

 KDDIは8日7時40分ごろから、auの携帯電話が沖縄市、南城市、石垣市、宮古島市、うるま市、国頭郡恩納村、島尻郡渡嘉敷村、中頭郡北中城村において利用できない、あるいは利用しづらい状況にある、としている。音声通話、パケット通信に影響が出ており、原因はドコモと同じく、停電および伝送路の故障となっている。

ソフトバンク

 ソフトバンクモバイルも、停電や伝送路故障の影響で、うるま市、南城市、国頭郡東村、大宜味村、島尻郡久米島町、座間味村で、利用しづらい状況という。

イー・モバイル/ウィルコム

 ワイモバイルでも、携帯電話サービスのイー・モバイル、PHSサービスのウィルコムで、台風の影響が出ていると案内している。

 イー・モバイルでは、8日14時頃より沖縄県 糸満市、中頭郡北中城村で通信障害が発生している。

 ウィルコムでは、8日5時頃より、島尻郡座間味村、島尻郡渡嘉敷村、糸満市、南城市、うるま市、名護市、国頭郡本部町、国頭郡恩納村で影響が出ている。

台風に備えて

 県庁や市役所、役場の周辺などをはじめとして、携帯電話の基地局の一部には、バッテリーや発電機が用意されており、地域が停電になったとしても一定の時間は、携帯電話が利用できることがある。また、基地局が1カ所、動かなくなったとしても周辺の基地局でカバーして利用できることもある。

 ただし、台風の場合、激しい風雨や土砂災害によって、停電したり、基地局・伝送路への被害が発生したりするケースも多く、ユーザーとしては携帯電話の利用そのものが難しくなると考えて、備えておいたほうがいいだろう。たとえばバッテリーで駆動するラジオなどもあらためて、きちんと動くか確認して、最新の情報に接しやすくできるようにしておきたい。

台風8号の進路予想図(気象庁報道資料より、7月8日15時発表)

(関口 聖)